不用品処分のルールを説明します

不用品とは、壊れるなどして使用することができなくなった物を意味します。不用品処分をする際は、その物たちを分類することから始めます。分類するとは、各自治体の定めるごみ分別ルールに則り、仕分けをすることです。一般的に、市販のごみ袋に入る物は、可燃あるいは不燃などのごみとして処分することが可能と言えます。しかし、ごみ袋に入る大きさであっても、小型家電に分類される物やごみ袋に入らない大きな物は、単にごみとして処分することができないので注意しましょう。小型家電とは、パソコンや携帯電話、カメラ、ゲーム機器、炊飯器や掃除機などをはじめとする生活家電などがその例として挙げられます。貴重な金属が含まれていることから、回収して金属を取り出すことを目的に分別するようにルールが設けられました。

大型の不用品処分なら専門業者を選ぶのもアリ

不用品処分の中でも、処分に困ると言われているのが、大きな家電や家具です。一般的に、こうした不用品は、粗大ごみと呼ばれ、自治体の回収に出す際は、事前申請と処分料の納付が必要です。粗大ごみとして回収してもらえる物品や回収日、回収場所は、住んでいる地域ごとに決められているのでそれに従わなければなりません。不用品は「処分したい」と思ったら、すぐに処分したいものです。しかし、回収日のタイミングと合わない場合もあります。そのような時には、不用品回収業者に頼ると良いでしょう。家庭から出る不用品を回収できるのは、一般廃棄物処理の許可を得ている業者です。自治体のホームページなどで確認できます。許可を得ていない業者は有料での不用品処分を請け負うことができないため、業者選びの際は注意してください。

不用品処分業者のサービスは物の処分だけではない!

不用品処分は、引越しをする際や、部屋の中を一気に片付けたい場合などによく生じます。大きな家電や家具の運び出しや大量の不用品処分には、大きな労力が必要です。そこで、不用品処分業者では、ごみや不用品処分だけでなく、引越しや部屋の整理を一緒に請け負う場合があります。処分と運搬などを一緒に依頼することでコストを削減することができます。また、いわゆるごみ屋敷や配慮の必要な遺品整理などを依頼することも可能です。どこから手をつけるか迷う作業も専門業者に依頼することで、ごみの分別から最終処分まで任せることができます。業者に依頼すると、不用品の処分料以外に費用が必要になりますので、コストを抑えたい場合は、ごみの分別や小型の持ち出しなど、自分でできるところまでは作業を行い、その後を業者に頼むのも良いでしょう。