不用品処分を行うために必要なこと

引っ越しや遺品整理などの不用品処分する方法としていくつかの処分方法があります。リサイクルショップに不用品を買ってもらうことで、捨てる物をお金に変えられます。オークションサイトに出して個人で商品を売買することも、一般的になっています。しかし、ほとんどが買った時の値段より安くしか取引できないため、負担する年会費や送料も頭に入れておく必要があります。友人や知人に譲る場合は家まで来て持って帰ってもらえれば簡単ですが、大きな家具や家電製品などは、運ぶだけで大きな負担となります。また自治体の粗大ごみ回収制度を利用することも出来ます。その際は自治体によって回収できる品物や料金が様々なので、引っ越し先でごみとして捨てたほうが、良い場合もあります。またそれなりに費用も掛かりますが、引っ越し会社に不用品の回収を依頼したり、回収までの手間の少ない不用品回収業者に頼んだりも出来ます。

不用品処分する際に気を付けたいこと

リサイクルショップに買い取りの依頼をする時には、前もって品目を伝えて、買い取りしてもらえない場合でも、そのまま引き取りをしてもらえるかどうか確認しておく必要があります。引き取りが可能であれば、処分の手間が省けて、作業がスムーズに進みます。オークションサイトで不用品処分をする場合は、商品に付いていた小さな傷でもきちんと申告しておかないと、後でトラブルの原因になるので、気を付けておく必要があります。テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機などの家電製品はリサイクルの対象となるので、自治体の回収サービスを利用することはできません。リサイクル料金の他に収集や運搬料金が掛かるので気を付けましょう。自分の計画通りの日程で回収してもらえるとは限らないので、日程には余裕を持つとよいでしょう。

不用品処分に掛かる時間と料金について

不用品処分は引っ越し等の際には、避けて通ることのできない大仕事なので、工夫することによって安く済ませたり、短期間で手早く済ますことが出来ます。どれだけの金額と時間をかけることができるのか、大体の基準を設定することによって、はじめて不用品処分の方法が決まってきます。漠然としていて、何から手を付けたらいいか分らない場合は、かけられる時間を書き出してみるとよいでしょう。また今流行りの断舎離をすることによって,引っ越し料金も安くなったり、荷造りや荷解きの手間な時間も短縮することが出来ます。断舎離をするコツとしては、新生活で必要な物に限定して、収納家具を減らす、必要のない服を処分する等で、時間短縮が図れます。処分費用の目安として、自治体と回収業者としては、回収業者の方が自治体の2倍から3倍高くつくようです。